それって、もしかしてオスグッド?オスグッドの前兆とは?

2019年04月24日

こんにちわ。
ブログへの訪問ありがとうございます。
院長の中上です。
公式ブログ第1号です!!

さてさて、札幌もだいぶ気温も上がり春になってきましたね。
やっぱり暖かいのはいいですね。
一応、札幌でも本日が桜の開花予想日のようです。

少し前にはなりますが、この時期になると小学生や中学生は学校からいろいろな
プリントを持ってきますよね。
その中に「運動器について保険調査票」というプリントがありませんでしたか?

僕の子供はまだ小さいので、このような調査があるのは知りませんでしたが、
当院で膝の下が痛くなる「オスグッド専門治療」していたお母さんに教えてもらいました。
自分が小中学生の時にやっていたのかは正直記憶にありませんが・・・

アンケートには、「前屈や後屈をして痛みがないか?」「かかとをしゃがめるか完全に」などの項目がありました。
正直、やり方の説明も詳しく書いておらずなんとなくやってしまう気がしました。
また、僕がこのアンケートをみて感じたことは、どれくらいのお父さんやお母さんが
お子さんを目の前にしっかりと身体を触ったり、しゃがむのを目の前でやらせて、
チェックされているのかな?と疑問に思いました。

実はこのアンケートはとてもとても大事なものなんです。
痛みがなくて病院などには行かないのは、とてもいいことだと思います。
本当は当たり前にできないといけないようなことが、実はできない子供さんたちが
増えてきているんです。

とくにしゃがむことだけで言うと、当院に来られ「オスグッド専門治療」を
おこなっているお子さんのほとんどのお子さんがかかとを床につけて完全に
しゃがめずつま先立ちになってしまうことやかかとをつけてしゃがめても
後ろに倒れてしまいます。

お父さんやお母さんができない!!
だから、うちの子もしゃがめないのは当たり前じゃありませんよ。
まだ痛みもないかもしれません!!
ですが、そのままでいるといつか身体に異常を起こしやすくなります。

その他にも、「猫背になっている」「走り方がおかしい」「肩こりや頭痛がある」などなど
なんとなく大丈夫だろうと思ってチェックをしてしまうと思いますが、結構できていないことが多くあります。
もし、なんとなくチェックしてしまったと思う方は、今からでももう一度お子さんを見て触ってチェックしてあげて下さいね。

とてもわかりやすかった「運動器検診問診表」を見つけましたのでこちらもご覧ください。
もし、チェックの仕方がわからないやお子さんができない・痛みがあるなどありましたら
いつでもご相談ください。
参照元ホームページ 群馬県

 

「監修 なかがみ鍼灸整骨院 中上智司」
なかがみ鍼灸整骨院 公式ホームページ