猫背矯正

  • すぐに疲れて勉強に集中できない
  • 頭痛がある
  • 仰向けでしっかりとバンザイができない
  • 姿勢が悪くて、身体をまっすぐに伸ばせない
  • 運動神経が悪い

猫背矯正(姿勢矯正)について

一般的に言われる猫背のような姿勢の悪さは、ただ単に身長が低く見えてしまったり、プロポーションが悪くなることで見た目を欠いてしまうだけではなく、肩こりや頭痛など起こす要因にもなります。

特に成長期の子供が猫背の姿勢を続けていると、身長に伸びにくくなることもあります。また外見の問題のみならず、運動時の心肺機能の低下や便秘などの内臓の機能低下にもつながります。

猫背の姿勢を続けていると気持ちが前向きにならず積極的に行動できなくなくなり、自律神経などにバランスが悪くなることで、心にも影響を及ぼすことがわかっています。

猫背をよくして姿勢をよくすることは、身体だけではなく心も健康を得ることになります。

猫背の原因

パソコンやスマホの普及(子供はゲームやタブレット)によって、現在猫背になってしまっている方が加速していると言われています。画面を見る時、無意識の内に頭は前に出て、背中が丸まってしまうことような姿勢の悪さが原因です。

また猫背のような姿勢は生活環境によって作られるといっても過言ではなく、日頃から注意することで改善させることの第1歩となります。

正しい姿勢になるために

正しい姿勢とは耳、肩、骨盤、くるぶしの位置が横から見て一直線になることです。

そのためには背骨、骨盤、足首の関節を調整して整える必要があります。

自己流の治療では危険を伴う場合もありますので、整骨院などプロの手を借りるとても大切です。
ですが、整骨院へ通いたくても忙しくてなかなか満足に通えそうにないという人は、自宅できる簡単なストレッチを取り入れると良いでしょう。