投球障害

  • 投球するたびに肩が痛い
  • ボールを投げると肘が痛い
  • 毎日、湿布を貼っている
  • 肘の曲げ伸ばしがしっかりできない
  • 試合のたびに痛み止めの薬を飲んでる

投球障害について

ボールを投げると肩・肘に痛みが出る「投球障害」は、
ただ単に投球フォームだけを指導させて頂いても治りません!!
また痛みが出ているところだけが問題ではありません!!
痛みの出る原因として・・・


主に、このような原因が考えられます。

そのため投球フォームのチェックや柔軟性のチェックなど
まずは、カウンセリングをしっかりと行い
状態を確認することがとても大事になります。
それが改善への第1歩となります。

当院の施術方法

当院では、お一人お一人の患者様の状態に合わせて施術を行っていきます。
まずは、痛みが出ている部位に対して早期に炎症を抑える施術をして行きます。
炎症や痛みがあっては、どんなにコンディションがよくなっても最高のパフォーマンスは
発揮できません!!また、それと同時に痛みの原因となっていることが多い関節の可動域や
筋肉の柔軟性を改善していきます。もちろん、ご自宅で行ってもらうストレッチなども
指導させて頂き、治療効果を継続させるためにも二人三脚で取り組んでいきます。
その後、炎症や痛みが改善してきて、柔軟性のチェックなどしながら投球フォームを
指導していきます。

■

君の肩と肘はまだ投げられる!!

当院には、市内はもちろん市外の学校に通学される学生も来院されます。
試合や練習のたびに痛み止めの薬の服用や毎日の湿布など
もう投げれない!!痛くてどうしようもない!!など
諦める前に一度相談してください!!
一緒に解決の糸口を見つけましょう!!