坐骨神経痛

  • 腰からお尻にかけてしびれがある
  • 立ち上がる際に力が入らない
  • 足の先までしびれがある
  • 湿布をつけて安静にしているがなかなかよくならない

坐骨神経痛について

坐骨神経とは末梢神経の一つであり、腰から足先まで続く神経の根元部分のことを言います。
この坐骨神経は、末梢神経の中で最も太いためデスクワークや運転など長時間同じ姿勢で
いる方などがかかりやすい疾患です。
症状としては、立ち上がる時に力が抜ける感じやお尻から足先までしびれがでたり、
座っていても、寝ていても痛みが出ることがあります。

坐骨神経痛に対する当院の考え方

坐骨神経痛は、坐骨神経が何らかの原因で圧迫や障害を受けることで、その神経の流れに
沿って腰の痛みや、お尻の痛み、足のしびれのが発生する状態のことを言います。その原因を取り除くことが坐骨神経痛をよくする近道になります。

大きな原因の1つとして、身体の歪み、姿勢の崩れがあり、正常な状態が失われ、腰やお尻の坐骨神経が通る部分に強い負荷がかかり神経の圧迫が起こる場合も多くあります。

当院ではそれらの状態を問診から検査までしっかりと行い、なぜそのしびれや症状が起きているかお身体のゆがみ、筋力不足など全体的に判断し施術を行っていきます。

坐骨神経痛による症状をできるだけ早急に軽減させるため「ハイボルテージ」や「鍼治療」を行い、身体のゆがみを整える「骨盤・骨格矯正」やインナーマッスルを強化する「JOYトレ」を行っていきます。しびれは、そのままにしていると症状が落ち着くまで時間がかかってしまいます。そのためできるだけ早期に施術を開始することがとても重要です。