テニス肘

  • 肘を曲げ伸ばすと痛い
  • タオルを絞れない
  • ペットボトルのふたを開けれない
  • テニスをしていないがテニス肘と診断された
  • とにかく肘周りが痛い

 

テニス肘とは

テニス肘の正式名称は「上腕骨外側上顆炎」といい、肘の外側に痛みに現れます。

テニス肘のイラスト

必ずしも、テニスをしているからと発症するというわけでもなく
デスクワークでパソコンをよく使う方や仕事で洗い物や清掃など
される方にもよく発症します。

また肘の内側に症状の出る「上腕骨内側上顆炎」と言われる症状と
同時に発症する方もいます。

テニス肘とは

一般にはテニス愛好者に生じやすいためテニス肘と呼ばれており、
テニスのバックハンドストローク(バックハンド)などを繰り返し反復することによって
肘の外側が痛くなります。

パソコンのキーボードを打っているイラスト
ですが、近年はパソコンを使用したデスクワークによる仕事や
スマートフォンの普及による手首の使いすぎにより
テニスをしていなくても症状が出てくることが多くなってきました。

病態としては、手首を外側に起こす伸筋群の起始部である
肘の外側で障害を起こして痛みが出ると考えられています。

「テニス肘」とは言いますが、基本的には肘の使いすぎではなく
実は、手首の使いすぎることによって発症します。
スマートフォンを使う子供のイラスト(女の子)

当院でのアプローチ

当院では、問診・徒手検査・整形外科的検査法を行い痛みの場所の特定を行います。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)においては、手技や特殊電気治療により
早期に炎症を軽減させ、痛みの根本的原因を改善させていきます。
また必要に応じてストレッチ指導、テーピングなどを使用していきます。