シンスプリント

  • すねの内側が痛い
  • 走ると痛くなる
  • ジャンプ動作を頻繁にする
  • 運動量が急に増えた
  • 足を着くのも痛みがある

シンスプリントとは?

シンスプリントの正式名称は、「脛骨過労性骨膜炎」と言います。
すねの内側で、内くるぶしの上10cmくらいのところに痛みが出ます。
走ることが多い陸上競技の短距離や長距離やジャンプを繰り返す
バレーボール・バスケットボールジャンプなどを繰り返すスポーツ選手に多く発生します。
痛みの原因は走ったり・ジャンプなどを繰り返すことですねの骨に付着している筋肉や
筋膜に牽引力がかかり、その牽引力が強くなり過度に負担がかかるため痛みや炎症反応が強くなると考えられております。

またシンスプリントの痛みを治療せず我慢してスポーツを続けていると疲労骨折になる可能性があり、復帰までに余計に時間がかかってしまうため早めに治療が必要です。

シンスプリントの症状 

シンスプリントになると、初めはふくらはぎのだるさ・パンパンに張っている・歩くと痛みが出るなどと言ったの症状が出てきます。

症状がだんだんとひどくなると、スポーツで走ったりジャンプをするたびに痛みが出てきて、
さらにはまともに歩けないほど痛みが出てくる場合があります。

 

なかがみ鍼灸整骨院の治療は?

なかがみ鍼灸整骨院では、運動を休んで痛みが軽減しても、痛みの原因を取らないと再発するためシンスプリントになる根本の原因から治療していきます。

シンスプリントの根本原因を治すには、すねの内側にある筋肉の「後脛骨筋」を緩める必要があり、特殊電気治療であるハイボルテージや立体動態波と手技による施術でシンスプリントによる治療をして行きます。
またシンスプリントが再発しないようにコンディショニングを調整をして根本から治療していきます。