ゴルフ肘

  • ゴルフをするたびに肘が痛くなる
  • 肘の外側が痛い
  • 日常生活にも支障が出てきている
  • 肘の曲げ伸ばしができない
  • 病院で注射をしているがあまりよくならない

ゴルフ肘とは

ゴルフ肘の正式名称は「上腕骨内側上顆炎」といい、肘の内側に痛みが現れます。
右打ちの方だと右肘の内側に発症する症状のことを言います。

ゴルフをやる方に多い症状ではありますが、重い物を持つことの多い方や
手首をよく使う方など、ゴルフのやらない方にも発症する可能性はあります。

また肘の外側に症状の出るテニス肘「上腕骨外側上顆炎」と言われる症状と
同時に発症する方もいます。

ゴルフ肘の原因

一般には中年以降のゴルフ愛好者に生じやすいためゴルフ肘と呼ばれています。

「ゴルフ肘」とは、ダフって地面を叩いてしまうことや
クラブを握る手が力みすぎることを繰り返すと肘の内側が痛くなります。
それに対して「テニス肘」は、テニスのバックハンドストロークなどを
繰り返し反復することによって肘の外側が痛くなります。

病態としては、手首を内側に曲げる屈筋群の起始部である
肘の内側で障害を起こして痛みが出ると考えられています。ゴルフボールのイラスト

また右打ちの方で、右肘の内側でなく左肘の外側が痛くなる方は、
他の関節の可動域制限が考えられます。
そのためフォロースルーの時にチキンウイングと言われる
スイングになってしまい左肘の外側が痛くなることがあります。

ゴルフ肘のチェックポイント

当院では、問診・徒手検査・整形外科的検査法を行い痛みの場所の特定を行います。

 

 また、ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)と他院で判断され、なかなかよくならない場合。
もしくは、上のチェックポイントに該当する場合はお早めにご連絡下さい!!
早期に痛みを軽減させることが、ゴルフ楽しくやる秘訣です!!