ジャンパー膝(ジャンパーズニー)

  • 膝の前が痛い
  • ジャンプすると痛くなる
  • 痛みで思いっきりスポーツができない
  • お皿の下もしくは、上に痛みがある
  • 安静にしていればいいが、動くと痛い

ジャンパー膝とは?

ジャンパー膝(ジャンパーズニー)とは、「膝蓋腱炎」もしくは「大腿四頭筋腱付着部炎」と言われます。10代のお子さんに多いケガで、バスケットボールやバレーボールなどジャンプ動作を繰り返すスポーツ選手多く起こります。

下の図のように、膝にあるお皿(膝蓋骨)の上や下に痛みが出るものを言い、
繰り返す運動により大腿四頭筋(ももの前の筋肉)が疲労し、柔軟性が低下することが
要因の一つと考えられています。

「ジャンパーズニー 」の画像検索結果

ジャンパー膝の症状と原因

ジャンパー膝の症状として、膝のお皿の上下を押すと痛みがあったり、
膝を曲げるなどジャンプや走る動作で痛むことがあります。
またひどくなると、歩くだけでも痛みを伴う時こともあります。

ジャンパー膝になってしまう原因として柔軟性が大きく関わってきます。
大腿四頭筋(ももの前側の筋肉)が硬くなってしまうと、筋肉により腱や靭帯が引っ張られ、膝に痛みを出してしまいます。

アキレス腱ストレッチのイラスト(女性)
また筋肉の硬さだけではなく、関節の硬さも痛みを出してしまう原因の1つです。
主に股関節や足首が硬い(関節の可動域)と、身体の左右のバランスも低下してしまい正しい
関節運動ができず、膝に負荷がかかってしまいます。

なかがみ鍼灸整骨院の施術方法

ジャンパー膝の症状は人によって違いますが、問診や検査、カウンセリングによってその方の
痛みの原因をしっかりと把握していきます。

手技療法によって筋肉の緊張を緩め、炎症や痛みの強い部位には特殊電気治療により
症状の緩和をさせていきます。
またジャンパー膝の原因となっている姿勢や身体のバランス・関節の硬さをしっかりと把握し
早期回復を目指していきます。