シェーバー病(踵骨骨端症)

  • かかとが腫れている
  • かかとを着く(押す)と痛みがある
  • つま先でしか歩けない
  • 走ったりジャンプをするとかかとが痛い
  • いつもジーンと痛みがある

シェーバー病とは

踵骨骨端症とも言われ、かかと周辺に起こる痛みです。
10歳前後の男の子に多く女の子の約2倍近くで起こります。
オスグッドと同様に「成長痛」と言われることがありますが、
「成長痛」とは全く違うものになります。

オスグッド専門施術のページ

原因は?

原因はかかとにあるのではなく、アキレス腱(ふくらはぎの筋肉)と足底腱膜が
かかとの骨に付着しており、それが緊張するとまだ成長するために柔らかいかかとの骨を
引っ張り、炎症や痛みを誘発させます。

特徴として、シェーバー病の80%偏平足と言われております。
また身体のバランスが悪いため(姿勢が悪い)、通常のお子さんより
ふくらはぎの筋肉などに余計な負担がかかりやすくなっていることが考えられます。

シェーバー病(踵骨骨端症)は当院にお任せください!!

骨盤矯正猫背矯正で身体ゆがみを整えバランスを調整することで、
痛みや再発予防をして行きます。

また、手技や特殊な電気治療で、ふくらはぎから足の裏の筋肉を柔らかくすることで
かかとにかかる衝撃を吸収できるようにしていきます。

状態によっては、テーピングなどを使用して足首や足裏のバランスも整え、
筋力トレーニングやセルフケアを実施して頂くことで再発も予防していきます。足のテーピングのイラスト